良い霊園を見つけるにはどうしたらいいでしょうか

霊園と言ってもみんな同じと思われがちですが違います。まず受け入れてくれる宗派がそれぞれにあります。今家で継いでいる宗旨は何なのか把握し跡を継ぐ人やこの先どうするのかというプランが必要です。次に霊園へのアクセスです。通いやすいかどうかは大事な事です。昔は遠くにあるものでしたが、近頃はなるべく近いところへという考えが多くなりました。若い時や健康な時は気にもならなかったことですが、後に年を取ったときに通いやすいところにするのがベストです。なるべく多く通えるようなところが良いですね。お墓の費用も考えなくてはなりません。不動産などの土地購入に近いところがあります。やはり人気のエリアや土地そのものが高いところは高いです。無理して負担が多くならないようにしたいですし、かと言って遠すぎても通うのが難しいです。よく考えて購入計画をたてましょう。費用は永代使用料、墓石、管理の費用がかかります。

霊園にも色々と宗派があるのです

一言に霊園といっても実はその場所によって色々と宗派があります。もちろん、特に限定しない、というようなところもあります。公共、自治体がやっているような共同墓地のようなところはないです。色々と比較してみて選ぶことが肝心なことには変わりがないのですがやはり一番大きな部分は維持費でしょう。年間費、維持費というのがかかることになりますから、あまり家計に負担がかからないようなところにするのがベストであるといえるでしょう。それと当然ではありますが骨を入れるわけですから、許可がされています。勝手に自分の土地に作ることが許されているような施設で施設ではないです。この点も大事なポイントですから、しっかりと頭に入れておきましょう。バブルの時などは物凄く不足したのですが今ではそれなりに見つけることが可能になっていますから、心配しないことです。

公営と民営の霊園ってどう違うの

公営霊園とは管理者が都道府県や市町村などにより管理や運営がなされています。その為に永続性がほぼ保証されているので安心してお願い出来るのが魅力ですが、何時でも募集されている場合が少ない事が有ります。多くの場合ですと募集期間などを定めていたり、抽選などで利用する方を決めている場合が多くございます。民営霊園とは自治体に許可を与えられた公益法人で有ったり宗教法人などが管理や運営を行っています。管理している所がたとえ宗教法人の場合でも、殆どの霊園は宗旨・宗派不問ですのでお気になさる必要はございません。その他にも御住みになっている住所であったり、遺骨の所持などが利用なさる際の条件に上がる事もございません。お墓に置かれる石の形や大きさなどもご自由に選んでいけるのが魅力でもあります。この様な点などを踏まえご自身に合う場所を選ばれてはいかがでしょうか。